一番初めに取引したドルと合計で二重の差損

ありふれた経験の浅い方向けのFXの情報では、「損をしたケースではナンピンによってポジションの買い付けコストを抑える事ができる」と助言されているが現実にはこれはかなり大きな引っ掛けがあります。ボニック

まずはじめに、ナンピンのやり方に関して簡単に説明します。婚活女はハイスペ旦那の夢を見るか

仮定として100円で1ドルを買ったとします。確認電話なし キャッシング

$買いのため円安ドル高に推移するほど利益が出るわけですが反対に95円まで円高ドル安に推移したとします。コンブチャパウダー 成分

そのままの状況でポジションを持ち続けたら、損がなくなるまでには、損した分ドル高に向う必要があります。ホワイトショットはお肌の糖化を防ぐ??

皆さん、損は早くリカバリしたいと願うだろう。

この状況を変えるため最初に注文したのと同じだけの$(ドル)を、売買します。

それによって、ポジションの平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

この結果、2.50円の幅でドル高が進むと、マイナスを回復する事ができます。

こういったことがナンピンのやり方です。

このような、ナンピンの仕組みを目にすると、「まちがいない」という風に思うが、易々と問屋を卸しません。

最初から、1ドル=95円より下がらないとは、誰一人として分かるわけがありません。

例として、為替が相当のドル安基調だったら1ドル=95円では収まることなく、円高に向う可能性がある。

仮に、1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず95円までドル安が進んだらナンピン買いをした分についても損失が生まれます。

こういう状況では一番初めに取引したドルと合計で二重の差損を被ることになります。

この通り、ナンピン買いは大変です。

ならば、市場があなたの脚本とは逆にどんどん進んだ場合いかなる術で危険を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では取るべき方法は限られています。

ひとつはあきらめて損切りをすること。

ふたつめは今現在、自分が所有している買いポジションを少なくする事によって再び為替相場がリカバリするのを大人しく待つことだけです。

相当大人しい手段だとみる投資家もいるkもしれません。

だがしかし、ポジションに損失が生まれた時正しい手段はこれ以上のものはないです。

当然、理屈の上では、ナンピン買いをする手段もありえます。

だがしかしナンピン買いは損失を披っている状態で、ポジションを縮小するどころか、それとは反対に買いポジションを増やしていく手段です。

この対策では、危険性を制御することなどできないと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続けられればその内勝てるかもしれない。

しかし、それより先にお金は足りなくなってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.brasshouston.com All Rights Reserved.