www.brasshouston.com

私の祖父は、生前、不動産会社を経営していました。 そのため、たくさんの土地・建物などの不動産資産を所有していましたが、同時にそれらを購入するため銀行や信用金庫からの借り入れも行っていました。 祖父が亡くなったとき、お世話になっていた弁護士さんに一番に勧められたのは、資産と借金が相殺できるか計算することでした。 すぐに資産価値の算定を行い、借金については銀行・信用金庫を自分たちでまわって金額の確認を行いました。 その結果、資産を全て売却しても、借金の方が上回ってしまうことが判明したのです。 返済のための収入の目途もたたなかったため、すぐに弁護士に依頼して、親族全員で相続放棄の手続きをとりました。 基本的に、相続放棄は被相続人が亡くなって3カ月以内にしなければならないので、手続きは早いに越したことはありません。 また、放棄すると決めたら、被相続人の資産は勝手に処分してはいけません。 「貴金属だけは貰っておこう」といったことをすると「単純承認」として相続したと見なされ、借金まで被ることになりかねないのです。 親族に借金のある人がある方は、知っていて損は無いのが「相続放棄」にかんする知識だと思います。

Link

Copyright © 1996 www.brasshouston.com All Rights Reserved.